スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリアNo.151 「オルゴール」

エリア解説・オルゴール



オルゴール3D


各種データ


エリア名(SASUKE)オルゴール
エリア名(Ninja warror)??
設置大会・場所第31回 1st-第3エリア
設計サイズ不明
初挑戦者山本涼介(第31回、放送上)
初クリア者岩田耕司(第31回、放送上)
主なリタイア者渡邉美香(第31回)、ほか
エリア概要
回転する円柱に取り付けられた、合計240個の突起につかまり、右方向へ進む。最後は低いところに設置された足場へ降りる。
リタイア形式
落水

特徴



第1回、2回で設置されていた、電動で下に動く「フリークライミング」に、横へ移動するエッセンスを取り入れたエリアです。

円柱になっているため、横向きでしがみ付いている時は常に腰が突き出た状況になります。ゆえに足元は確認できないため、足をスリップさせてリタイアする選手も多くみられます。
もう一つのパターンは着地での転落。一瞬の焦りがリタイアを誘う、実にいやらしいエリアです。

後半選手が行っていた「セット上部に登って進む」方法は、番組サイドとしては想定外らしく、「セット上部に設置されたオルゴールを模した鉄片には触れてはいけない」という限定が引かれています。

回転する円柱というコンセプトは前任エリアのヘッジホッグと共通していますが、ひょっとするとセットの仕組みを流用しているのかもしれません。

イージー設定


不明。

攻略のポイント


手に意識が行きがちですが、下向きに回転しているため足元の方が滑らせやすいです。
一度足を滑らせると、見えない位置で再び足を突起に乗せるのは非常に困難です。確実に乗せていきましょう。

着地は先を焦って跳ぶと失敗しがちです。手で持っている突起が水平になるくらいの高さまでタイミングを待って、足を伸ばして降りてしまうのが良いでしょう。

腕力・脚力に余裕があれば、出だしの時点で上に登ってしまうのも手です。但し、最後の下りが厳しくなることと、ルール上セット上部の金属部分に触れると失格なので注意が必要です。


歴史・大会差異


第31回


第3エリアに登場。放送上のリタイア者は女性選手を中心にダイジェストが多く、そこまで目立たなかった印象があります。

一方で、リタイアし全カットとなった選手の中には、過去の実績のある染谷選手や、SASUKEパークで好成績を残した竹安選手など多くの実力者も含まれています。

関連エリア


前後のエリア


直前のエリア直後のエリア
第31回ロググリップジャンプハング改


その他似た様式を持つエリア


・フリークライミング
・ヘッジホッグ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

各種リンク

にほんブログ村 テレビブログへ   
ブログランキングならblogram
カウンター
 Now:
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
スポンサーサイト
メールフォーム
情報提供、感想、ご意見などありましたらお気軽にお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
プロフィール

sasuketotalvictory

Author:sasuketotalvictory
SASUKE出場を夢見て十数年。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。